Mugbot Project

注目

This Web site  is  for  Mugbot Projrct.
Mugbot is a low cost,non proprietary, open source, social robot.
We present how to make Mugbot.
We hope that many people will make Mugbot or  a original new robot based on our Mugbot System.
We disscuss on Facebook page on
https://www.facebook.com/SocialRobotics

ソーシャルロボット「マグボット」を作るプロジェクトです。
プロジェクトの活動は、https://www.facebook.com/SocialRoboticsをご覧ください。
リックテレコムからマグボットの製作方法の本
『おしゃべりロボット「マグボット」-ラズパイとArduinoで電子工作』
が2016年5月に発売されました。

「マグボット組み立てワークショップ」のお知らせ

12月23日に開催する「ロボット・カフェ」の会場でマグボットを実際に組み立てて動かすことでロボットの仕組みを学ぶワークショップを行います。事前申し込みが必要です。是非ご参加ください。
(満席になりました。ありがとうございます。 11/17 )

・時間 10:10-12:30 (10時にロボット・カフェ集合)
・内容 マグボットを実際に組み立てて、PCのSCRATCHを使って動かします。
・定員 10名(定員に達し次第締め切ります)
・参加 小学生から大人まで(小学生は保護者同伴)
・費用
Aコース 無料 マグボットを組み立てるのみで持ち帰りはできません
Bコース 15,000円(材料費) マグボットを組み立てて持ち帰ることができます。

・ワークショップの内容
おしゃべりロボット「マグボット」-ラズパイとArduinoで電子工作- (リックテレコム刊)の本を見ながらマグボットを組み立て、さらにパソコンを使ってSCRATCHからマグボットを動かします。加工済み部品を組み立てます。マグボットのマイコンは、Raspberry Pi 3 Model BとArduino Leonardoを使用します。

・申し込み方法
申込み先アドレス: koike@tcu.ac.jpに以下を記入してメールで送ってください。
件名: 「マグボットワークショップ参加希望」
本文: ①参加希望者のお名前 ②連絡先メールアドレス  ③「小学生・中学生・高校生・大学生・一般」のいずれか、および性別を明記
④コース A (無料)、B(有料 15,000円 会場の受付で支払い)の選択

・申し込み締め切り
12月16日(金)
こちらから3日以内に確認返信を差し上げます。来ない場合は何らかの理由で不達の可能性がありますので再度ご連絡下さい。※先着順となりますので、お早めにお申し込みください。申し込まれた後で参加を中止される場合は、至急ご連絡ください。

・Bコース マグボットのお持ち帰りを選択される方へ
マグボットを動かすのにワークショップ当日は大学のPCを使用しますが、マグボットを持ち帰られた後は、ご自宅のPCで動かしてください。マグボットを動かすにはWindows(Windows7以上を推奨)かMac(OSX 10.5以上を推奨)のパソコンが必要です。さらにパソコンには、有線LAN端子が必要です。パソコンに有線LAN端子がない場合はUSB-有線LANアダプターを別途導入すると対応可能です。

・ワークショップにご自分のノートパソコンをお持ちいただけると会場でSCRATCHのインストールやパソコンとマグボットをつないで動作テストをすることが可能です。

「ロボット・カフェ」のお知らせ

マグボットを中心とした展示、体験、講演、発表などのイベントをします。是非お越しください。

ロボット・カフェ
ロボットの研究者の話を聞いたり、ロボットを体験することでロボットのことを学ぼう。
img_6853

●ねらい
現在ロボットは、私たちにとって身近な物になりつつありますが、私たちは、ロボットの仕組みや、ロボットが私たちの生活にどのように影響を与えるのかについてはよく知りません。「ロボット・カフェ」では、東京都市大学小池研究室が開発しているソーシャルロボット「マグボット」を中心に、ロボットの研究者の話を聞いたり、マグボットを実際に動かすことを通して、ロボットについて学びます。

●期日 平成28年12月23日(水)祝日
●場所 東京都市大学 夢キャンパス(二子玉川ライズ 8F)
交通アクセスはhttp://yumecampus.tcu.ac.jpをご覧ください。
●開催時間 10:00〜15:30
●主催
東京都市大学 科学コミュニケーション・プロジェクト
東京都市大学 メディア情報学部社会メディア学科 小池研究室
●参加費 無料
●対象:小学生から大人まで
(開催期間中は、出入り自由です。ご希望の方は、会場でマグボットのバッジを差し上げます。)

●内容
・展示コーナー 10:00-15:30
マグボットの展示 ロボットユーザーによる展示
宮城教育大学 門田研究室のロボット展示 他

・マグボット体験コーナー  10:00-15:30
マグボットをPCのSCRATCHを使って動かすことができます。

・講演 13:15 -13:45
「ソーシャルロボット マグボットのデザインについて」
東京都市大学メディア情報学部社会メディア学科 教授 小池星多

・発表 13:45-14:15
東京都市大学 等々力中学・高等学校のマグボットを使ったプログラミング教育の成果発表

●マグボットについて
マグボットは、東京都市大学メディア情報学部社会メディア学科の小池研究室が開発しているソーシャルロボットです。マグボットは、オープンソースでプログラムが公開され、2万円以下で製作することができます。音声合成で話すこともできます。小池研究室では、マグボットを社会の中で動かして、ロボットが人々の生活の中でどのようにあるべきかを研究しています。
公式サイト http://www.mugbot.com
Facebook https://www.facebook.com/SocialRobotics/

●東京都市大学 科学コミュニケーション・プロジェクトについて
東京都市大学横浜キャンパスが行っている、研究者と一般市民の間に入って、研究者の専門知識を市民にわかりやすく伝えたり、研究者と市民が同じ立場で議論できる環境を提供できる学生を養成するプロジェクトです。
公式サイト http://www.yc.tcu.ac.jp/~scicomm/
Facebook  https://www.facebook.com/tcu.scicom/

東京都市大学横浜キャンパスの学内展示でマグボットが説明員に

東京都市大学横浜キャンパスにおいて、環境学部 環境創生学科の吉崎研究室の学内展示でマグボットが使用されています。Dagic Erarthと呼ばれるデジタル地球儀の展示の内容をマグボットが話しながら説明しています。
Mugbot is a docent for that display at Tokyo City Univ. Yokohama Campus.

img_5621

東京都市大学 等々力中学・高等学校でマグボットを使用した情報教育を開始

9月から東京都世田谷区にある東京都市大学等々力中学・高等学校の高校2年生の教科情報の授業でマグボットを使用した情報教育が始まりました。マグボットを使いながらプログラミングを学びます。5クラス、約200人近い生徒が授業でマグボットを使っています。
小池研究室はこれらの授業をサポートしています。
The high school students  study  Information Studies with Mugbot  in  Tokyo City University Todoroki Junior And Senior High School.

http://www.tcu-todoroki.ed.jp/topics/course/topics1228.html

Raspberry Piにisc-dhcp-serverを設置、自動起動(20161028版)

PCをDHCPサーバ接続の設定のまま、PCとマグボットとを1対1で有線(無線)LANで接続できるようにマグボットのRaspberry PiにDHCPサーバであるisc-dhcp-serverを設置しているのですが、自動起動しないなどのトラブルもあり、その設置方法の最新の解説です。

(20161028修正)

注意
あらかじめRaspberry Piに有線(無線)LANでPCが繋がっていないとエラーがでます。

参考
mi_GS’s diary
Raspberry Piのアクセスポイント化 & ルータ化がうまくいかない時はこの通りにやればおk

 

isc-dhcp-serverのインストール

/etc/dhcp/dhcpd.confの編集

を#でコメントアウト

の#を外す。

最終行に以下を追加。Raspberry Piの固定IPが192.168.42.1になるものとして設定しています。

/etc/default/isc-dhcp-serverの編集

最終行の

の””の中にeth0を挿入

自動起動設定(20161028修正)

/etc/rc.local
のexit 0の前に以下を追加してください。

mugbot-server-1.1.rbは、必要なバージョン番号のものを記入してください。

isc-dhcp-serverのインストール後はRaspberry Piを固定IPの192.168.42.1に変更します。Raspberry Piを固定IPは、

の最終行に

を書いて設定します。

自動起動の確認

再起動して、以下を実行します。

Active:で緑色でactive(running)

の表示がでればisc-dhcp-serverの自動起動は、成功です。

は従来の

と書いても同じ効果があります。

これまで
isc-dhcp-serverは自動起動してたのですが、しなくなってしまって原因がよくわからなかったのですが、
service isc-dhcp-server start
の前に
sleep 10
を入れて
service isc-dhcp-server start
の実行を遅らせることでうまくいくようです。(20161031追記)

岩手県宮古市でマグボットのワークショップを開催しました

8月11日(木)に岩手県宮古市にある薬師塗漆工芸館でマグボットのワークショップを開催しました。
薬師塗漆工芸館はJR盛岡駅からバスで1時間かかる「道の駅 やまびこ産直館」の隣にあります。
盛岡から来ていただいた方もいて、マグボットを組み立てて動かしました。
ご来場の皆様、ありがとうございました。

IMG_4234

IMG_5146 (1)

IMG_5138

IMG_5135