Mugbot Book(マグボットの書籍について)

2016年5月11日にリックテレコムから

おしゃべりロボット「マグボット」-ラズパイとArduinoで電子工作-

が発行されました。これは、このサイトで掲載してきたマグボットの製作情報がベースになっています。リックテレコムさんからお話をいただいたのが2014年の9月でしたので、出版まで2年近くかかりましたが無事出版することができました。本書の出版に関わられた方達に御礼を申し上げます。
本の形にするために、サイトの情報を再検討して構成しました。また、サイトではハンダ付けをするマグボットを紹介していましたが、ハンダ付けが難しい読者を想定して本書用にハンダ付けを必要のないマグボットをデザインしました。ぜひお手にとってご覧ください。同時に材料キットも発売されました。

本書の訂正情報はここにあります。
リックテレコム書籍情報
IMG_3974

目次は以下です。

目次

1章では、マグボットの時代背景について解説します。
2章では、マグボットの概要を解説します。
3章では、マグボットで使用しているArduinoを使ってLEDやサーボの動作の簡単な実験を行います。
4章では、PCからのシリアル通信でArduinoを制御する方法を解説します。
5章では、Raspberry Piの基本設定やソフトのインストールを解説します。
6章では、PCのブラウザからArduinoを動かす方法を解説します。
7章では、Raspberry Piで音声合成を行う方法を解説します。
8章では、ArduinoとRaspberry Piにマグボット用のプログラムインストールしてからマグボットのハードを組み立てます。
9章では、実際にマグボットを動作させます。
10章では、マグボット用にScratchをカスタマイズしたソフトからマグボットを動かす方法を解説します。
11章では、以前のArduinoやRaspberry Piでマグボットで使用する方法などについて解説します。

本書を執筆するために、以下のことを気をつけました。

・できるだけ初心者向けに
自分自身がプログラムやロボットにくわしくないのにマグボットを作った経験から、ロボットに関心があってもなかなか作ることができない人たちもための本を作ろうと考えました。そのため、基本的な情報も盛り込むようにしました。また作る手順を丁寧に説明して、ロボットの動作原理がよくわからない状態でも、手順通りやればマグボットを作れるように意識して書きました。

カラーページが限られているので、本文中にモノクロで載せたページで重要なものを巻頭カラーで再掲しました。

IMG_5192

・マグボットの動く仕組みを説明する。
一方で、ロボットがどのように動いたり、話したり、パソコンから制御できるのかも丁寧に説明しようとしました。このあたりは初心者にとっては謎で知りたい部分と思いましたので、LEDやサーボの動作、それらをWebブラウザからRaspberry Pi経由でArduinoに伝える方法、音声合成の方法を説明して、マグボットの動作方法に対する理解を深められるようにしました。

・テキスト形式にして、少しずつ学べるようにする
本書でいきなりソースコードを解説する方法も考えましたが、初心者が混乱すると考え、ArduinoについてLEDを1個、2個と増やし、サーボを1個から2個へ、デジタル制御からPWM制御へと、部品や機能を増やしながら少しずつマグボットの動作に近づけるようにしました。これは教科書のようにも使えると思います。マグボットに本当に使用しているソースコードについては、マグボットのハードの完成後に別途ダウンロードして使用するようにしました。

・製作上の失敗経験を書く
マグボットを自分で作っていくにあたって、わからないことや、うまくいかないこと、ミスやトラブルがたくさんありました。そのような部分は、これから本書を読んでマグボットを作られる方達も経験すると思いますので、私の失敗を踏まないように、できるだけ失敗例も載せることにしました。失敗したところは「ハマります」という表現を使用しました。あらためて見るとたくさんハマっていますね。

・図解、インフォグラフィックスを使用する
マグボットの仕組みやプログラムのプロセスをわかりやすく伝えるために、研究室でも研究している情報の可視化の手法を使って、図解やインフォグラフィックスをデザインしました。これらは、一部研究室の学生に手伝ってもらいましたが、基本的に自分でイラストレータで描いて、それを本のDTPを担当されているデザイナーさんにブラッシュアップしてもらう方式にしました。また、写真も自分で撮影しました。ラスケッチをお渡して描いていただくことも考えましたが、時間もなく、自分の意図をデザイナーさんに的確に伝えるために自分で描きました。

IMG_5194

情報の可視化の方法のひとつは「相互参照」です。下の図、写真のように部品同士の結線図、実際にブレッドボード上で部品を設置するときの設置図を並置して見比べることで、お互いがお互いの理解のリソースになるようにしました。
IMG_5196

写真もほぼ自分で撮影しました。文中ではモノクロ写真なので、例えば黒い部品を撮影するときには背景を白く、白い部品の時は背景を暗くするように気をつけました。複数の小さい部品を撮影するときには裏側に両面テープを使って固定したり、布のような素材を背景に使って部品がころがわないように気を配りました。表紙のマグボットの写真はプロのカメラマンによるものです。